比類ない、拡張性に優れた防空ミサイル防衛を米艦隊に提供

SPY-6は7艦種において防空ミサイル防衛を行う米海軍のレーダーシリーズです。

SPY-6シリーズは統合されたレーダーです。つまり、弾道ミサイル、巡航ミサイル、敵の航空機や水上艦艇に対し同時対処が可能です。また、大幅に拡大した探知距離、向上された感度、より正確な識別など、従来のレーダーよりも優れた点がいくつもあります。

どのタイプも同じハードウェアとソフトウェアを使用しており、モジュール化された構造であるため、信頼性が高く、メンテナンスコストもより低くなっています。

SPY-6レーダーは、レーダーモジュラーアセンブリ(RMA)と呼ばれる個別の「ビルディングブロック」で構成されています。このビルディングブロックとは、一つ一つが単体で作動するレーダーとなっており、2’x2’x2’の「箱」に収められております。これらの「箱」は、積み重ねることで、どういった船の任務要求にも応えることが可能です。まさにこの特徴により、SPY-6シリーズは米海軍初の真に拡張性のあるレーダーとなりました。

SPY-6の詳細

  • SPY-6(V)2
  • SPY-6(V)3
  • SPY-6(V)4
SPY-6(V)1

DDG 51フライトIII級駆逐艦用に設計されたSPY-6(V)1の特徴:

  • 4面のアレイ(1面あたりRMAは37個)による切れ目のない360°の状況把握
  • 今後SPY-6が換装してゆくレーダーから大幅に向上した探知範囲と感度

次の脅威に対し同時対処:

  • 弾道ミサイル
  • 巡航ミサイル
  • 対艦および経空脅威
  • ジャミング/クラッタおよび電子戦
SPY-6(V)2 SPY-6(V)3 SPY-6(V)4